×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語学習教材は何が一番よいのか?

聞くだけで英語が話せるようになるというキャッチコピーでおなじみのスピードラーニング。
世界で最も多くの生徒数をほこるといわれているベルリッツ、果たしてそれぞれの英語学習で本当に英語が話せるようになるのかを検証しました。

スピードラーニング

まずこのスピードラーニングから触れていきます。

スピードラーニングは、商品購入後、CDが送られてきてそのCDを聞くことによってヒアリング能力を高める教材です。

実際、映画などで話されている英語は、日本人で解読不可能なスラング語も多く混じっているため、最初は聞き取りにくいと思います。

しかし、このスピードラーニングでは丁寧な英語会話を聞くことができるので、非常にヒアリングしやすい英語を聞くことができます。

正しい英語を覚えると、アメリカ人からすると丁寧すぎる英語になりますが、その方が印象派良いようです。

日本に訪れている外国の人の話し方は丁寧すぎると感じたことはありませんか?

それは、正しい日本語を学んでいるためです。

本来の日本語を勉強した外国人の方が正しい日本語を話ししている例が多々あります。

日本人の会話は、多様性を増していますから本来の日本語とは大きく変わってきています。

そのように、アメリカ人同士の話は通常の英語とは崩れてきているので、日本人の私たちがすぐにその言葉や会話を理解することはできません。

スピードラーニングは正しい英語で会話されているため、聞きやすい英語会話になれることができます。


おすすめ!


インターネット英会話